ネットに漂う気になるニュースを独自の視点でまとめ紹介します

ネットニュースドリフト

ゲーム

ポケモン緑を海外で売らなかった理由・原因は?なぜかはアメリカに関係!?

更新日:

>


大人気ゲームソフト「初代ポケットモンスター(ポケモン)」は日本では赤・緑が発売されました。
しかし、海外ではポケモン緑は発売されませんでした。
どうして、海外でポケモン緑を売らなかったのか理由・原因を探ります。

日本ではポケモン赤緑、そもそもなぜ赤と緑なのか?その理由は?

現在でも大変な人気を誇っている「ポケモン」は1996年2月27日に任天堂から発売されました。
日本で発売された初代のポケモンのタイトルは「ポケットモンスター赤・緑」でした。


ポケットモンスターは片方のソフトだけではすべてのポケモンを集めることができません。
それぞれのソフトにしか出現しないポケモンがいて、全種類のポケモンを集めるためには2つのソフトを利用する必要がありました。

ではなぜ「赤・緑」だったのでしょうか?

ポケモンでは、ゲームを始めて最初に仲間にするモンスターを三体から選びます。(通称御三家)

その三体のタイプが、炎・水・草です。

よって、この御三家のタイプのカラーをイメージしてタイトルを決めたそうです。
実際、ゲームのパッケージには御三家のポケモンが描かれています。

ポケモン青にしなかった理由は?

ポケモン青を選ばなかった理由は2つあるそうです。

1つめの理由として、ポケモンの生みの親であり、株式会社ゲームフリークの代表取締役である田尻智さんによると、
”青が寒色であるから外した”とのこと

たしかに暖色のほうが親しみやすい印象ですよね。

ちなみに、赤は情熱的で活力のあるイメージで行動を促す効果があります。
まさに冒険にはぴったりの色。

緑は、安らぎや癒し、穏やかさをイメージし、リラックス効果のある色です。
他にも、安心や安全を示す効果や、自然のイメージから健康的な印象を持たせる効果もあります。
健康や癒しなどから商品としてとても良い印象を与えるということが分かります。

反対に、青は知的や落ち着きなどのイメージがあるものの、悲しい、冷たいといった印象を与える効果があります。
そのため、こどもたちが遊ぶゲームのソフトのイメージカラーとしてはふさわしくないと考えたのでしょう。

2つめの理由としては、マリオとルイージのイメージカラーに合わせたということです。
マリオとルイージのイメージカラーは赤と緑。
任天堂の大人気キャラクターのカラーと対応させることで、人気にあやかりたいという思いがあったのかもしれません。

しかし、1996年10月15日には「ポケモン青」が発売されます。
当初は一般販売されておらず、「月間コロコロコミック」「別冊コロコロコミック」などの計8誌の通信販売限定でした。
1999年10月10日に一般販売が開始されています。

ちなみに、一般販売のソフトの裏にはバーコードがありますが、通信販売されたものにはありません。
代わりに小学館という文字があるそうです。
もし見つけたらプレミアものですね。

海外ではなぜ緑が売られなかったのか?海外はポケモン集められたの!?

海外では「ポケモン緑」が売られず、「ポケモン赤」だけしか売られていないなら全種類のポケモンを集められないんじゃないかと思う人もいると思います。
しかし、それは大丈夫です。

実は、海外では、「ポケモン緑」の代わりに「ポケモン青」が発売されています。
中身はポケモン緑と同じです。
もっというと、赤と緑を発売したのは日本だけであり、海外はすべて赤と青だったそうです。

そして、海外で緑ではなく青が選ばれた理由は、アメリカの国旗に関係するそうです。
「ポケモン」を海外に売るときに最大の販売拠点となるのがアメリカですよね。
そのため、アメリカ人にとって親しみやすい、国旗の色である、赤と青を選んだという説があります。

実際に、アメリカではポケモンは特に人気が出ました。

もう1つ考えられることとしては、パッケージに選ばれるポケモンですね。
青なら、カメックス。緑なら、フシギバナです。

カメックスはカメが肩に大砲を背負ったようなデザインで、どこかアメリカ風な感じがしませんか?
フシギバナは、カエルがお花を背負ったようなデザイン。

どっちがアメリカで人気が出そうかといわれればカメックスだと思います。

これらの事情があって、海外では赤と青が選ばれたのでしょう。

ちなみに、海外の人から見ると、ポケモン緑は改造版のように見えるのだとか。
中国で売られているパチモンみたいな印象を持たれているのかもしれませんね。

サトシの名前の由来、理由は?ポケモン主人公をなぜサトシにした?降板の可能性は?

アニメポケットモンスターが放送開始してから20年以上がたちました。 20年に渡り、主人公を務めているのが「サトシ」君です。 なぜサトシという名前にしたのか理由、由来を探ります。 また、主人公降板の可能 ...

まとめ

海外では、ポケモン緑が発売されなかったことはあまり知られてませんよね。
ちなみに自分は初代のポケモンは緑派でした。
今やっても面白いソフトであり、本当に素晴らしいゲームであると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-ゲーム
-,

Copyright© ネットニュースドリフト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.