ネットに漂う気になるニュースを独自の視点でまとめ紹介します

ネットニュースドリフト

ニュース

セミの寿命は1週間ではない!岡山の高校生が証明!方法は?高校の名前は笹岡高校

投稿日:






セミの寿命が1週間ではないことを岡山の高校生が証明しました。
その証明方法とは何なのでしょうか?
また、寿命は何年なのでしょう?



セミの寿命 岡山の笹岡高校生が証明 方法は?

セミは地上に出てから1週間で死ぬというのがこれまでの俗説。
大人から子供まで誰に聞いてもそう答えるでしょう。

今回、岡山県立笹岡高校のサイエンス部に所属する植松蒼さんがそれを覆しました。

調査の手法と結果を5月の広島大学で開かれた「中四国地区生物系三学会合同大会」で報告しました。
その結果、高校生の部(動物分野)で最優秀賞を受賞しています。

調査方法ですが、独自の野外調査を行いました。

それが以下の手順です。

・捕まえたセミの羽に油性ペンで番号をマーキングして放す
・後日、再捕獲して番号を確認

とてもシンプルなやり方です。
しかし、実際やるのは相当大変そうです。

植松さんは、2016年の7月から9月中旬にかけて、笹岡市内の雑木林や住宅地など4ヵ所でほぼ毎日、この調査を繰り返しました。

・アブラゼミ
・ツクツクボウシ
・クマゼミ

など計863匹ものセミにマーキングをつけました。
そして、再捕獲したのが15匹、4匹を再々捕獲できました。


セミの寿命は1カ月以上

・アブラゼミ:最長32日間
・ツクツクボウシ:最長26日間
・クマゼミ:最長15日間

どのセミでも1週間以上生きることが証明され、さらに1カ月をこえるものもいました。
さらに調べるセミの数を増やしていけば、最長日数を更新する記録も生まれそうですね。

植松さんは、「なかなか再捕獲できず、調査効率が非常に悪かった」と語っています。
今後は、セミの鳴き声の波形を解析する専用ソフトを使い、個体を把握する手法の確立を目指すとのことです。

笹岡高校 植松さんは天才少年

植松さんは、小学1年の頃から虫に興味があったそう。
セミの鳴く時間帯や、雄と雌の羽化の時期の違いについて調べてきました。

しかし、植松さんの発見は、セミの寿命だけではありません。
クマバチに寄生する南方系の昆虫「ヒラズゲンセイ」を広島県内で初めて発見しました。

これまでは、岡山県が本州最西の発見でした。
植松さんは生息域の広がりを予測し、3年かけて福山市で見事に探し当てました。

昆虫を研究する倉敷市立自然史博物館の「ムシムシ探検隊」に小5から所属し、調査をしていたそうです。
2015年から福山市で探し始め、2018年8月に発見しました。

ちなみに、植松さんが通う笹岡高校はお笑い芸人の千鳥の名前の由来となった高校です。
笹岡高校のシンボルが千鳥で、千鳥が丘という場所に高校がたっています。
笹岡高校のことを地元では千鳥とよんだりするそうです。

まとめ

多くの時間をかけて、根性でセミの寿命を証明したことはとても素晴らしいです。
そもそも、セミの寿命は1週間じゃない、と疑問を持って自分で調べ始めたことはもっとすごいと思いました。
定説を覆すのは、まさに研究者ですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。








-ニュース

Copyright© ネットニュースドリフト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.