ネットに漂う気になるニュースを独自の視点でまとめ紹介します

ネットニュースドリフト

ニュース

富岳の性能とランキングは?スパコン名前の意味と由来は?場所はどこ?

更新日:





かつて計算速度で世界1位をとったスパコン「京」の後継機「富岳」が誕生。
富岳の性能と現時点での世界ランキングや名前の由来と意味、置かれる場所を調べました。

京が出てからかなり時間がたち、京も現在ではランキングが大きく下がってしまいました。

京の代わりに出る「富岳」はどのくらいの計算速度を持つのか?
はたして、世界ランキング1位はとれるのでしょうか




スパコン「富岳」、「京」の100倍の性能 名前の由来は?

理化学研究所の発表によるとスパコン「京」の後継機「富岳」は「京」の約100倍の性能があるとか。

そもそもスパコン京の計算速度は?
スパコン京の計算速度は10ペタフロップスです。
10ペタフロップスと言われてもわからないと思いますが、10ペタとは1京のこと。
1京は1兆の10000倍の数字です。
京はその名の通り、1秒間に1京回の計算ができます。
これは、地球上の全人口70億人が電卓を持ち、24時間不眠不休で1秒間に1回計算し、約17日かけてようやく終わる計算のようです。
スパコン富岳はこれの100倍ですから、1秒間に100京の計算ができることになります。

恐ろしい速さです。
また、電力消費は京の3倍に抑えらています。
京の苦手だった大量のデータ読み込み能力も大幅に改善されているそうです。

理化学研究所は23日、スーパーコンピューター「京(けい)」の後継機の名前が「富岳(ふがく)」に決まったと発表した。富岳は京の約100倍の性能で、2021年ごろの稼働を目指している。4月までに一般から応募があった中から選定した。

富岳は昨年、CPU(中央演算処理装置)の開発に成功。3月には一部の部品の製造を始めた。使い勝手や省エネ性で世界最高性能を目指す。京が苦手だった大量のデータを読み込む能力は、創薬研究に必要なたんぱく質のシミュレーションや津波の予想などのために大幅に増強される。一方で、電力の消費は京の3倍ほどに抑える。
引用 -朝日新聞



スパコン「富岳」の名前の意味と由来

スパコン富岳の名称は今年2月から4月に公募され、応募総数は5181件でした。
最も多かったのが「京」の次を示す「垓(がい)」2位は「雅(みやび)」
3位は「極(ごく)」でした。
富岳はたった2件だったそうです。

富岳という言葉は富士山の異名です。
名称について松本紘・理化学研究所理事長は
「富士山の高さと裾野の広がりが、富岳の性能の高さと利用者の広がりを表している。
また、富士山は海外からの知名度も高く、親しみやすい」と選考理由を述べています。

スパコン「富岳」世界ランキングは?置かれる場所はどこ?

2018年11月版ランキングにおいて、1位となったのが、米エネルギー省のスパコン「Summit」です。
これは、143.5ペタフロップスという性能。

京が10ペタで、富岳はその100倍ですから1000ペタフロップスということになります。
つまり、現時点においては富岳が世界ランキング1位を取ることができます。

世界ランキングTOP500

しかし、本格稼働は2021年から。
その間に新たなコンピュータが生まれ、2位に転落ということもあり得ます。

ちなみに、今の2位はSummitの姉妹機である「Sierra」。
アップグレードにより94.6ペタフロップスという性能です。

京は現在18位であり、運用は今年の8月までだそうです。

スパコン富岳は京と同じ場所に建設されるそうです。
京は兵庫県神戸市のポートアイランドという人工島にあります。

まとめ

日本のコンピュータが再び1位を取り戻すというのは大変うれしいことです。
2位じゃだめなんですよ。

富岳の名称の応募で、京の次だから「垓(がい)」というのは面白かったです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







-ニュース
-, , ,

Copyright© ネットニュースドリフト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.