ネットに漂う気になるニュースを独自の視点でまとめ紹介します

ネットニュースドリフト

アニメ ゲーム

サトシの名前の由来、理由は?ポケモン主人公をなぜサトシにした?降板の可能性は?

更新日:





アニメポケットモンスターが放送開始してから20年以上がたちました。
20年に渡り、主人公を務めているのが「サトシ」君です。
なぜサトシという名前にしたのか理由、由来を探ります。
また、主人公降板の可能性があるのか調べました。



ゲームの主人公は「サトシ」じゃなく「レッド・グリーン」

アニメ「ポケットモンスター」が放送開始されたのは1997年4月1日からでした。
ポケモンマスターを目指す少年「サトシ」とその相棒「ピカチュウ」をはじめとしたポケモンたちとの冒険を描いた物語です。

アニメ放送の1年前にゲームボーイ用ソフトとして「ポケットモンスター赤・緑」が販売されました。

アニメの前にゲームをやっていた人は「サトシ」に疑問を持つ人もいました。
なぜなら、ゲームでは主人公の名前(デフォルトネーム)が違うからです。

ゲームでは初めに、主人公の名前を選択します。
そのときに名前の候補が下記のようにいくつか表示されます。(好きな名前もきめれる)
赤ver
・レッド
・サトシ
・ジャック

緑ver
・グリーン
・シゲル
・ジョン

赤バージョンには「サトシ」の名前があるものの、やはり代表的なのが「レッド」か「グリーン」だったわけです。ちなみに、ポケモンはライバルの名前も自分で決めます。

ライバルの名前の候補は、緑版なら(レッド、サトシ、ジャック)のように、赤版の主人公の名前が候補に出てきます。
そのため、緑版で遊んだ人には、ライバルの名前が、アニメポケモンの主人公の名前になったわけです。複雑な気持ちもあったことでしょう。




サトシの名前の由来は田尻智(たじりさとし)から!

田尻智さんとは、株式会社ゲームフリークの代表取締役社長であり、「ポケットモンスター」の生みの親といわれる人物です。

つまり、「サトシ」はポケットモンスターの生みの親からとってつけられた名前というわけです。
ポケモンの生みの親の名前なら納得ですよね。
20年間、ポケモンの看板を背負うのにふさわしい名前です。
もし、田尻智さんが珍しい名前や長い名前だったら、レッドやグリーンだった可能性もありますね。

ライバルの名前「シゲル」は宮本茂から

サトシにはライバルに「シゲル」というキャラクターがいます。
今でこそ、アニメには出なくなりましたが、初代ポケモンにはたびたび登場していました。
オーキド博士の孫であり、サトシの幼馴染でライバル。
少し高飛車な性格で、サトシを馬鹿にしてケンカするようなこともありました。
最終的にはオーキド博士のように研究者となりました。

そんな彼の名前もモデルがあり、それが「宮本茂」さんです。

マリオの生みの親 宮本茂

宮本茂さんは、あのマリオの生みの親として有名です。
現在は、任天堂の代表取締役。
マリオのほかにも、ゼルダの伝説シリーズやドンキーコングシリーズの生みの親とされる人です。
こちらも、とてもすごい人がモデルだったというわけです。

ちなみに、宮本茂さん本人はシゲルのように高飛車な性格ではないので安心してください。

1999年当時、宮本さんを、マイクロソフトが引き抜こうとしたことがあったそうです。
任天堂の給料の10倍を提示されましたが、「(任天堂には)仲間がいるから」と断ったよう。
仲間思いの素晴らしい人のようです。

海外の「サトシ」の名前は「アッシュ」?

アニメポケモンは海外でも放送されています。
海外でも「サトシ」なのかと思いきや実はそうではありません。

なんと「アッシュ・ケチャム(Ash Ketchum)」という名前です。
サトシ=satoshiから「a」「s」「h」をとって「ash」にしたようです。
日本人からすると、あまりかっこいいようには見えませんが海外の人から見たらどうなんですかね。

また、ケチャムは「Catch'em All(ゲットだぜ!)」から来ています。
日本のサトシの「ポケモンゲットだぜ!」は海外だと「Catch'em All(ゲットだぜ!)」になるようです。

サトシをもじったり、決め台詞をもじる必要はあったんですかね。(*'▽')


サトシアニメ降板の可能性 噂流れる

20年以上看板を背負ってきたサトシですが、たびたびアニメ降板のうわさが流れています。
もともと、「ポケモン」は約1年半の放映期間を目標としていました。
しかし、予想以上の人気でアニメは続投することになります。
新シリーズとなり、当初は制作側も主人公交代に乗りきで、別の主人公を立てるつもりでした。
けれども、実際の主人公はサトシのままでした。

ピカチュウの存在がサトシ続投に影響

サトシが続投した大きな理由の1つに「ピカチュウ」の存在があります。
今では、ポケモンをやったことがない、アニメを見たことがない人でも「ピカチュウ」は知っているくらい有名なキャラクターになりました。

サトシをやめさせるのであれば、ピカチュウも変えるのが自然です。
ポケットモンスターの顔となったピカチュウをやめさせることは難しく、サトシも続投することとなりました。

サトシ降板の可能性は?

ポケットモンスターサンムーンが始まるときにサトシ降板ではないかといううわさが流れていました。
理由は視聴率の下落です。ポケモンは年々視聴率が下がってきており、状況を変えるために主人公を変えるのではないかとみられていました。

しかし、結果からすると、サトシは変わりませんでした。
代わりに、キャラクターデザインが大幅に変更。
従来に比べて、こどもっぽい印象のデザインになりました。

また、同時に、放送枠が日曜の午後6時半に変更になりました。

いろいろ、手を施したようですが、視聴率はさらに下落、、、。
「ちびまる子ちゃん」と同じ時間帯になった影響が大きいようです。
ちびまるこちゃんの8~9%の視聴率に対し、ポケモンは1~2%くらい。

このまま、視聴率が変わらないのであれば、主人公交代の可能性もあるのかもしれません。
しかし、主人公交代には大きなリスクが伴います。
20年間やってきた主人公をいきなり変えるのは、やはり難しいのではないかと思います。

また、視聴率は落ちていますが、グッズの売り上げはいまだポケモンは多いようです。
そのため、サトシが降板する可能性は薄いと思われます。


まとめ

サトシやシゲルのモデルの人はすごい人達ばかりでした。
海外のポケモンの主人公の名前はもう少しどうにかできなかったんでしょうか('ω')
視聴率が減ってもサトシは変わらないでほしいですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。







-アニメ, ゲーム
-, , ,

Copyright© ネットニュースドリフト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.