ネットに漂う気になるニュースを独自の視点でまとめ紹介します

ネットニュースドリフト

ニュース 政治・経済

ソニー新卒初任給730万の狙いと理由は?対象はどんな仕事の人?年功序列の崩壊

投稿日:





ソニーが新入社員でも最大で730万円を支払う新しい給与制度をスタートさせます。
ソニーは優秀な人材を確保する狙いで給与制度の改革にのぞみました。

この改革によって、本当に優秀な人材を確保できるのかどうか。
それについて述べていきます。



ソニー新卒の初任給730万円に上げた理由と狙いは?どんな人に730万円?

ソニーは新入社員の初任給を最大で730万円まで引き上げるという方針を明らかにしました。
ソニーは、日本企業の中で成果報酬について前向きな企業。

これまでも、仕事の役割、内容によって等級制度を採用してきました。

しかし、これまでは、新入社員には一律で等級制度をつけていませんでした。
これからは、状況に応じて等級を付与。
730万円という高い金額を新入社員にも与えることになります。

ソニー新卒初任給730万円にする理由

近年グローバル化がますます加速しています。
それは、企業だけでなく、労働者も同じです。

優秀な人材はより条件がいい海外の企業に流れています。
また、海外だけでなく、国内の同業種の企業も含め、高度な人材をなるべく奪われたくない。

そう言った理由で、ソニーは初任給を上げることとなりました。

これまでのソニーの大卒初任給は約600万円。
最も優秀な社員は、2割UPの730万円となるので、その差は大きいです。

日本は10年前と比べて、大卒初任給は20万円前後でほぼ横ばい。

諸外国は経済発展をつづけ、、年収も上げています。
日本企業が選択しから外れやすくなってきている現状なのです。

ソニー新卒初任給730万円貰える人はどんな仕事の人?

730万円もらえるのは、ソニーの中でも最も優秀な社員だけです。

人工知能(AI)などのきわめて高い技術を持った人材に限定して730万円という金額が提示されるようです。

今後重要とされている分野に関する知識を持つ人材しか730万円にはなりません。
しかし、こういった分野の優秀な技術者は世界的に必要とされており、決してソニーが条件がいいというわけではありません。


ソニーの年収・初任給は世界規模で見ると低い?ソニーは人材確保できるか

グローバル企業の場合、大卒の技術系新入社員に年収600万円は珍しくありません。

例えば、中国企業のファーウェイ。
2017年度に初任給を40万円に引き上げ、人材を募集しました。

他にも、世界一流のIT企業やコンサルティング会社の初任給は年収1200万円~1500万円。

アメリカのシリコンバレーやサンフランシスコ・ベイエリアなどは人手不足が深刻化しています。
中堅エンジニアならそういった企業に3000万円から5000万円で他社に引き抜かれていきます。
プロジェクトマネジメントができる技術者は1億円、AIやディープラーニング関連の研究者は10億円で引き抜かれることも珍しくありません。

そういった意味で、ほんとうに優秀な人材を確保したいのであればソニーの730万円という金額はまだ低いといえます。

特に、海外から優秀な人材を呼べるような金額ではありません。
しかし、日本の同業他社に比べてソニーという選択肢がより魅力的になったことは間違いありません。

ソニーを選ぶ、日本の学生はさらに増えるのではないでしょうか。

ソニー中高年社員からの反発の声 年功序列の崩壊の流れ

新しい制度に対して、中高年社員の反発が問題視されます。
年功序列が根強い日本では、新入社員に高額な給与を与えることをよく思わない人も多いです。

しかし、こういった流れを変えていかないと日本企業は世界から取り残されていくかもしれません。
アメリカや中国のように実力主義のなかで、のし上がっていく企業が世界を席巻しています。

安定して働けることはいいことですが、企業としての力が弱まったらどうしようもありません。

最近では、トヨタ自動車の社長が「終身雇用は厳しい」という意見を発言しました。
人材確保の競争が激化する中で、社内に余剰人員を抱えることは大きな負荷となります。

年功序列・終身雇用といったこれまでの体制を破り、企業としてのフットワークを軽くする。
そうして、実力主義をかかげることが優秀な人材確保に重要となってくると考えられます。

そのうえで、日本の企業も前向きに進んでいけるのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。








-ニュース, 政治・経済
-, ,

Copyright© ネットニュースドリフト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.